ページトップへ

パッシブハウスと日射し | スペースラボ通信 | 注文住宅 大阪・スペースラボ

Blog

スペースラボ通信

先日、当社のモデルハウスに行ったところ、午後の西日がリビングのタイルの壁面を照らしていました。

また、その上に設けられた東側のFix窓からは、青空が見え とても気持ち良かったです。

 

 

西日といえども 冬の寒い日の室内の陽だまりは、とてもほっこり気持ちの良いものです。
冬はしっかりお日さんの暖かさを頂き、床や壁を暖めてくれます。

 

 

パッシブハウス的な考え方は、できるかぎり冬の日射を家の中に取り込むように設計します。
夏は庇や外部スクリーン等で日射しを遮閉する計画で 家をつくります。

 

すべては、家の気密と断熱をしっかりしておかないといけません。

冬は暖めた空気は逃げて行き『気密』
壁や床から熱が奪われ『断熱』
夏は隙間から熱い空気が入って『気密』
壁は外気の影響『断熱』

このような要因で室内が冷えにくくなります。

 

 

家造りのポイントは、パッシブ的なプランニングと、床・壁・屋根(天井)の気密、断熱、サッシの性能にこだわる事だと思います。

 

スペースラボでは、耐震の最高等級はもちろんの事、住み心地の良い温度差のない健康住宅をつくっています。

パッシブ的なプランでのご相談は無料で行っています。

 

 

 

 ~お知らせ~

★各SNSにて情報を発信中★是非フォローしてくださいね。

        

 

LINE公式アカウントができました。
友だち追加

 

チャットサービスはじまりました。
右下の『チャットで質問する』からお気軽にトークできます。
チャット機能について

カタログの請求はこちらからどうぞ

2018年08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー