ページトップへ

寒い家は寿命を縮める!?暖かい家は寿命を延ばす! | スペースラボ通信 | 注文住宅 大阪・スペースラボ

Blog

スペースラボ通信

こんにちは。パッシブ低燃費の家スペースラボの西村です。

皆さん、「ヒートショック」て聞いたことありますよね?
家の断熱性能と健康には深いかかわりがあります。
きちんと断熱性能の確保された暖かい家に住むことで、住む人が健康になるという研究結果が出ています。
最近では、ニュースや新聞、雑誌でも取り上げられてきていまが、まだご存知ではない方も多いのではないでしょうか。1人でも多くの方に知っていただきたいと思っています。

 

 

ヒートショックの現実

家庭内の事故は交通事故の3倍以上

交通事故での死亡者した人は年間約4000人。
住宅内で何らかの事故で死亡した人は年間約15000人。
交通事故は年々減少傾向にある中で、家庭内での死亡事故は増加しています。

特に寒い既設の入浴中の死亡事故が多く発生しています。
入浴だけではなく、夜中に目が覚めてトイレに行ったときに心筋梗塞になり、後遺症に悩まされる方が年々増えています。

「ヒートショック」の主な原因は、入浴時の急激な温度変化によって、血圧や脈拍が変動することで起こり、心筋梗塞や脳出血、脳梗塞を引き起こします。


無断熱の戸建住宅の場合は、真冬に寝室やトイレの室温が10℃以下のケースが少なくありません。
冬場の暖房の効いたリビングと冷えたままの廊下やトイレなどの温度差は、戸建の場合で平均15℃ほどあるといいます。
急激な温度変化は身体にかなりの負担をかけるということです。

世界的に見ても寒さが増す季節のほうが、暑い季節よりも死亡者が増える傾向にあり、日本でもヒートショックなどで冬場に1万人の方が亡くなったと報告されています。

 

 

冷えは万病の元

無暖房の家では、冬場に暖房を止めると一気に室温が低下する家があります。
寝る時には暖房を止める家が多いと思いますが、実は、寝室でも室内と布団との間で温度差が生じているのです。

ヒートショックを防ぐ為には、建物の断熱性能を向上させることがで改善できます。
家の中の温度差をなくすことと、家の中の温度を低くしないことの両方が必要です。

断熱性能の高い家が健康維持にとても役立ち、疾病の改善に効果があることは、多くの調査や研究で明らかになってきています。

 

 

冬の室温を18℃に保つ

研究が進む中、室温が18度以下になると健康障害を引き起こすリスクが高まる事が分かってきました。
血圧は気温が変化すると変動します。
寒い冬は血圧が高くなりがちで、体が冷えると血管は収縮して血圧が上がります。
室温が18℃よりも低い家に住む人は18℃以上の家に住む人よりも高血圧の発症リスクが6.7倍、関節症を発症するリスクが3.8倍まで高まります。

また、心筋梗塞や脳血管疾患、呼吸器系などお病気の発症リスクも高まることが分かっています。
真冬の特に1月には、入浴中に心肺機能が停止する人の数が、8月に比べて、1月は11倍に達するそうです。

もはや寒さはガマンしている場合ではありません。
特にこれからは高齢化社会に加速していきます。若い時は寒さ暑さには耐えれても、年齢を重ねると身体には大きな負担となります。

 

 

アレルギーやアトピー・喘息の改善に役立つ

ほぼ無断熱の家から、そこそこ断熱された家に引っ越した人を対象にした調査では、アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎・気管支喘息・のどの痛み・手足の冷えなどの症状について明らかな改善が見られました。
アトピー性皮膚炎などの肌の悩みの改善は、家が暖かくなると着衣量が減り、退室は変わらなくても化学繊維やウール、ゴムなどの肌を刺激する衣類の量が減り、肌への負担が軽減されるためだと見られています。
海外の研究では、喘息の子供が12℃以下の室温で寝ていると発症率が高くなり、室温を1℃上げるごとに咳の症状が改善するという報告もあります。

 

 

 高性能な家=パッシブハウスと健康の関係

家は住む人の健康に、密接に関わっています。
そして高気密・高断熱な家は人の健康に良い影響を与えてくれます。

きちんと断熱材を施工し、気密をしっかり取った家は、室内の温度差が少なくなります。
スペースラボのモデルハウスの温度変化は過去のブログでご紹介しております。⇒コチラからどうぞ

気密の高い家というのは、正しい知識を持った人が施工しないと、結露したりカビが発生してしまいます。
カビや最近などの微生物によって放出される化学物質が私たちにカビ臭いと感じさせ、この化学物質が私たちの健康を脅かすのです。

正しい気密と断熱の施工ができ、その家に適切な換気ステムを使うと結露しにくく、快適な家を建てることができます。
結露しない家は寿命が長くなり、住む人の健康も守ってくれるものです。

 

 

断熱性能の向上と費用

スペースラボが加入しているパッシブハウス・ジャパンのHPにある記事をご紹介します。

各部屋の温度差が少ない暖かい家に住むことで、一世帯あたり27,000円の医療費の削減に、国家負担分で考えると一世帯あたり59,000円の医療費の削減につながるという研究結果もあります。(※パッシブハウスジャパン調べ)
しかし、これには住宅の高断熱化(すなわち省エネ化)による燃料費の削減分は含まれていないため、実質的な節約金額はこれを大きく上回ります。
ここでいう暖かい家と健康の相関性は、現在の住宅メーカーの標準レベルである「次世代省エネ基準」程度ではまだまだ小さく、それを更に上回る「トップランナー基準」レベルを超えた断熱性能の家で顕著になります。
(ちなみにEUの省エネ義務基準は日本のトップランナー基準すら大幅に上回ります)

今現在、人口1億2000万人のうち、約1億人は冬の間暖かい生活ができていないと言われるほど、日本人は世界的に見ても珍しいほど寒さを我慢して暮らしている国民であり、その犠牲の上に現在の家庭のエネルギー消費量の統計があることを忘れてはなりません。

 

 

新築してから後悔する項目 

  1. 間取り・収納
  2. 寒い・暑い、結露
  3. 風通し

10年以内に新築された方の約40%が家に不満を持って生活していることが分かりました。
中でも、暑さ・寒さに対して不満を持っている方も多いことが分かります。

なぜ後悔するのか?
暖かい家を建てたはずなのになぜ?
後悔しない暖かい家はどうしたら建てられるのか?

後悔したくない方、まずはスペースラボの家づくりを見にモデルハウスに来てください。
家づくりのノウハウをお教えします!

 

 

モデルハウスを見る

 

 

 

~お知らせ~

★各SNSにて情報を発信中★是非フォローしてくださいね。

        

 

LINE公式アカウントができました。

友だち追加

 

チャットサービスはじまりました。
右下の『チャットで質問する』からお気軽にトークできます。
チャット機能について

カタログの請求はこちらからどうぞ

2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー