ページトップへ

住宅工法 | スペースラボ通信 | 注文住宅 大阪・スペースラボ

Blog

スペースラボ通信

家を建てる時にどんなことを考えて検討されますか?

・費用(予算)

・性能

・工法

・デザイン

・メーカー・工務店

等々あると思います。

これらの全てを満足させるとなると費用も大きく膨らんでしまうことになりますね。

上記に上げた中で、性能についても多くの項目がありますし、デザインも好みがあります。

メーカー・工務店も数えきれない程あります。

 

工法に関しては、ほぼ決まっているので工法について触れてみようと思います。

『木造在来・軸組工法』

 注文住宅・建売住宅を含めると日本の住宅の殆どがこの工法です。

 木の柱と梁で骨組みを作って、床、壁、屋根を取り付ける工法です。外力を受けると変形を

 受けますが、筋交いや補強金物を入れ、筋交いで地震等の横からの荷重に耐える構造になって

 います。

 この工法は、間取り・設計の自由度が高いですが、他の工法と比較すれば耐震性が若干低い

 と言われています。

 

『ツーバイフォー(2×4)・木造枠組壁工法』

 北米で生まれた工法で、2インチ×4インチを基本とする構造材で枠を組み、構造用合板を貼って

 、床・壁・天井からなる6面体の箱を作るようにして建てる工法です。

 木造軸組工法が軸で構成されているのに対して、ツーバイフォー工法は面で構成されています。

 木造軸組工法と比較して間取り、入口や窓の配置には制限があり、大きな窓の設置も難しいです。

 気密・断熱・耐震性には優れていて工期も短いのが特徴です。 

 

『軽量鉄骨造』

 金属製の薄くて軽い部材で骨組みをつくる工法で、プレハブ工法とも言います。

 大量生産を目的に開発され、大手ハウスメーカー 積水ハウス、大和ハウス、パナホーム、

 ミサワホーム等々が採用しています。各メーカーで独自の工法で建てています。

 工場で製造された部材を現場でプラモデルのように組みたてる工法で、木造住宅と比較しても

 工期は非常に短いです。規格化されている点が多いので、設計は限られたプランになると言われて

 います。

 耐震性は、木造以上で重量鉄骨造以下と言えます。鉄骨が折れにくいことから、耐震性は低くは

 ないですが、重量があるため、地震の揺れを感じやすいと言われてます。

 粘り強く耐えることで、倒壊してしまう危険が少ないというメリットがあります。

 軽量鉄骨造で使用する鉄は、熱伝導率が高いために木造に比べると断熱効果は低く、通気性が悪く

 夏は暑く冬は寒いと言われていましたが、各社断熱・気密には力を入れてきているようでこれも

 以前とは変わってきているように思います。

 ただ、広告費や人件費などのコストを価格に上乗せしているため価格は高いです。

 

上記のような工法が一般的です。予算、性能、その他のことを検討された上でその方にあった工法を

選ばれることですね。

上記の工法以外にも『重量鉄骨造』や『RC・鉄骨コンクリート造』がありますが、一般住宅には

少ない工法なので省略させて頂きます。

また、ご存知でない方も多くいらっしゃると思いますが、『パナソニック テクノストラクチャー

工法』というパナソニック独自の工法もあります。(パナホームとは異なります)

 

  

 

2018年09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー