ページトップへ

制震-安心をオプションにしない

高性能住宅
に住む

制震-安心をオプションにしない

安心・安全を選択肢ではなく 当たり前のものとして、すべての家へ。

 

耐震性能が耐震等級3(最高等級)で問題ない?

いつ、どこで起こってもおかしくない大地震。
東日本大震災以降、地震の回数も増えました。政府の地震調査研究推進本部は、今後30年間に70%~80%の確率でマグニチュード8級~9級の大地震が起こる可能性を発表しております。
震度6弱以上の揺れが、今後30年間に起こる確率も高くなっています。

 

 

いつか来る地震に備える

スペースラボの注文住宅は、標準仕様が耐震等級3(最高等級)に対応しており、(※階数・プランにより条件が異なる)2018年の大阪北部地震でも建物に大きな損傷はありませんでした。
それでも、更なる安心・安全を追求し、このたび制震装置を標準採用することになりました。


今後の地震に備え、揺れに耐える耐震技術はもちろん、一歩進んで揺れを吸収して建物を守る制振技術も兼ね備えることが、さらなる安全・安心につながると考えます。

スペースラボでは、安心・安全を選択肢ではなく、当たり前の標準仕様として、すべての家へ提案します。

 

 

「耐震」だけでは補えない性能をカバーする「制振」

 制振とは家への地震の衝撃を和らげて、揺れを軽減させることで家を傷めないようにする技術です。
建物損傷が軽減されるため、繰り返される余震に有効ですが、筋かいや合板などで建物をガッチリと固める耐震だけでは、逆に弱い部分に力がかかり建物を傷めてしまうことがあります。
だからこそ、小さな揺れの段階から耐震だけでは補えない建物への衝撃(地震エネルギー)を吸収し、揺れを軽減させる制振も重要なのです。

繰り返す地震には、地震エネルギーをしなやかに吸収し、熱エネルギーに変換して逃す「制震」システムが有効です。 


スペースラボでは、耐震等級3 (最高等級) の地震に対する強さに加え制震システムを標準採用し、最高レベルの地震対策を講じています。

 

 

 制震が守る暮らし

  • 構造躯体を守ります。 揺れを吸収・低減
  • 倒壊から命を守ります。 耐震にプラス
  • 地震の後の暮らしを守ります。 補修コスト抑制
  • 資産価値を守ります。 ダメージを軽減
  • お孫様の代まで家を守ります。 抜群の耐久性で長期にわたる安心

 

  

 

 

 制震ダンパーMIRAIE(ミライエ)を標準仕様に

 

 

 

  

熊本地震の揺れを再現した実験