ページトップへ

気密で差がつく住み心地

高性能住宅
に住む

気密で差がつく住み心地

快適で体に良い室内環境とするために、断熱性とともに大切なのが気密性の確保です。いくら家の断熱性を高めても、隙間風が入ってくるようではエネルギー消費にも無駄が生じてしまい、快適性が下がることになります。高い気密性を確保するには、家を覆う気密層に一分の隙間もつくらない「精度の高い施工」が不可欠になります。

なぜ気密化が必要か

気密化するには徹底的に隙間をなくす

スペースラボでは経験豊富な職人さんたちと連携

 


 

断熱、空調、換気の効果を高める

気密化とは、家の外周部にある隙間をなくすこと。家の高気密化は、高断熱化とともに快適な室内環境を生み出すための重要なポイントになります。

家の外周に隙間があると、そこから空気が出入りします。冷暖房しても無駄が多くなりエネルギー消費が増えるため、光熱費が高くついてしまいます。24時間換気を行う現在の家では、隙間から空気が出入りすると計画換気を適切に行えず、室内の空気をすみずみまで新鮮な状態に保つことが難しくなります。

逆に高い気密性を確保すると換気システムが有効に働き、断熱性能をそこなう事なく断熱材が適切に機能を発揮し、効率的な冷暖房を行うことができ、家全体で空気の新鮮さを確保できます。高気密化によって高断熱化が生き、快適で健康な家づくりを実現できるのです。

断熱、空調、換気の効果を高める

  断熱、空調、換気の効果を高める

 

一分の隙もなくシートで覆う

気密化する際は、家全体を気密シートなどで覆います。ここで大切なのは、屋根や外壁などを隙間なく完全に覆うこと。気密シートを張り合わせた部分やほかの部材との接合部は、すべて気密テープで密封します。中途半端な気密化は壁内結露を招くので、隙間を徹底的になくすことが求められます。

  一分の隙もなくシートで覆うのがポイント

気密性には、床面積当たりの隙間がどの程度あるかを示すC値(相当隙間面積)という指標があります。C値が大きいほど隙間が大きく、気密性は低くなります。C値が小さいほど気密性は高くなります。

C値は家の性能を確保するための大切な指標で、以前は国が「一般的な住宅で10cm2/m2、次世代省エネギー基準で5cm2/m2」という基準を定めていました。現在、C値の基準はなくなっていますが、気密性の確保が重要なことに変わりはありません。

断熱性能を示すUA値は設計した内容から算出するのに対し、C値は実際に建てた家を気密測定して調べます。施工の良し悪しがそのまま数値に反映されるので、出来上がった建物の質を直接反映した指標と言えます。本来は施工した棟ごとに測定しないと意味ありませんが、規格住宅を建てる会社では標準タイプ1つを測定して得られたC値を公表しているところもあります。

C値  

C値式

C値は、数が小さいほど隙間が少なく、気密性が高い

スペースラボのモデルハウスは、C値0.24cm2/m2 です。


 

スペースラボでは
職人さんの腕を生かして高い気密性を確保

スペースラボでは高断熱化と共に、気密化の徹底を図ってきました。壁や屋根を気密化するのは一般的ですが、スペースラボではさらに床面にも気密シートを施工して家全体に気密層を設けます。構造用合板やネオマフォームの端部にも気密テープを貼るなどして細かな隙間まで潰していきます。

本当に大切なことは、なかなか目に見えないものです。こうした作業を徹底するには、実際に作業する職人さんの技術とノウハウが欠かせません。スペースラボでは、経験豊富な職人さんたちとチームを組み、施工の質を確保しています。

施工に際しては全棟で気密測定を実施し、C値0.5cm2/m2以下という高性能を実現していることを確認します。

スペースラボでは全棟測定で C値0.5㎠/㎡以下をお約束しています。

施工について詳しく

高い気密性を確保