ページトップへ

断熱気密のカギを握る施工力

高性能住宅
に住む

断熱気密のカギを握る施工力

高断熱高気密の家を実際に生み出すのは、実はそう簡単なことではありません。凸凹を持つ場所や不整形な部分も含めて、断熱材や気密シートで隙間なく覆うには、細かい技とノウハウが求められるからです。快適な家は、確かな施工力なしに実現しません。

施工はなぜ大事なの?

外張り断熱のプロが語る

充填断熱のプロが語る

 


 

凸凹や穴のまわりもしっかり施工

健康で快適な家を実現するために決め手となるのが、施工の精度です。断熱気密性能を高めるには家全体を断熱材や気密シートでくるみます。その際に少しでも隙間が生じると、そこから熱や湿気が出入りして期待どおりの性能が得られません。施工には、寸分の隙間なく断熱材や気密シートで家全体を覆うきめ細かな作業が求められるのです。

例えば外壁の室内側に断熱材のグラスウールを詰める(充填する)工事では、斜めの材の周囲はグラスウールを三角形に切って隙間を埋めます。またエアコンや換気の配管などが貫通する穴の周囲も、穴の形に沿って断熱材を詰めたり、気密シートを隙間なく貼り付けたりする作業が必要になります。

凸凹や穴のまわりもしっかり施工 凸凹や穴のまわりもしっかり施工

細かい部分まで隙間無く、正確に埋めていきます

床下断熱では大引という横材の間にネオマフォームを詰めますが、それだけでは大引の木材部分から熱が逃げやすい状態になってしまいます。そこで、大引部分にもネオマフォームを1枚重ねて熱の出入りを防ぎます。

こうした一手間をかけて細部まで正確に施工できているかどうか。それが断熱気密性の質、ひいては快適性を大きく左右するのです。

断熱についてもっと詳しく

気密についてもっと詳しく

 

 


 

スペースラボでは高性能に熟練した
職人さんたちと連携して高い性能を確保

W(ダブル)断熱を行うスペースラボでは、外張りと充填それぞれの断熱気密工事に手馴れた職人さんたちとチームを組み、高い精度の施工を実現しています。スペースラボの心強いパートナーの話をお聞きください。

 

外張り断熱のプロは語る

チェックリストを作り、すべての作業を確認します

株式会社シモダの工事監督・西村和司さん

「私たちは長く外張り断熱工事を手掛け、ノウハウを蓄積してきました。断熱気密工事では様々な気配りが必要ですが、特に注意しているポイントに下地(材)間柱との取り合いがあります。

断熱材のネオマフォームは構造用合板の外側に貼ります。その際、構造用合板の裏に設置した下地にビスで留め付けるのですが、このビスを正確にまっすぐ打ち込ことが重要です。斜めに打ってしまうと下地からビスがはみ出すなどして、断熱材のネオマフォームがしっかり固定できません。すると隙間が生まれ、適切な断熱性を発揮できなくなってしまうんです。また、下地自体もネオマフォームを固定するために必要な位置へ設置しておかなければいけない。下地を取り付けるのは私たちではなく建物躯体の建て方をする大工なので、事前に打ち合わせをして正確に準備してもらうことが大切になります。

外張り断熱のプロは語る  

透湿坊水シート(タイベック)の取り付けも同じです。どこかに穴があると一気に漏れが生じてしまうので、屋根と外壁が連結する部分など隙間が生じやすい部分をあらかじめ認識し、それぞれの部位を担当する職人と施工方法を入念に打ち合わせしておく。そうしないと相手の作業を配慮せずにそれぞれが施工を進めてしまうので、高い性能を確保できません。

私たちの会社では、正しく施工を行うためのチェックリストを作成して工事を管理しています。釘が下地にきちんと届いているか、目地を適切に設けているか、釘のピッチや気密シートの重ね代(長さ)は正しいかなどポイントとなるチェック項目を確認し、写真に記録していくのです。撮影した現場写真は施工完了報告書としてまとめてお施主さんにお渡しし、安心していただけるようにしています」

 

充填断熱のプロは語る

僕の担当した部分で空気が漏れるのは許せません(笑)

職人・福井善行さん

「グラスウールによる充填断熱を行う際も、漏れがないように断熱材や気密シートを施工することが大切です。

ボードとの間に隙間ができると結露の原因になるので、グラスウールはボードにぴったりと張り付くように取り付けます。筋かい部分はグラスウールを三角形に切り抜き、隙間なく埋めます。内側から張る気密シートも、隙間ができないように施工します。工期や工費が不十分な現場ではこうした細かい処理の手を抜きやすいけれど、シートのシワ1つを見逃すだけで気密測定の結果はとたんに悪く出てくるのでゴマカシは効きません。

充填断熱のプロは語る  

電気関係のボックスを取り付けたり給排水管を通したりした部分の気密処理にも、注意が必要です。壁に埋め込んだコンセントボックスと壁面の間にはテープを貼って隙間をなくす。円筒形をしている給排水管の周囲は、テープを貼るとどうしても隙間ができてしまうので円筒に沿った形の専用シートで覆います。

天井と壁、壁と床がぶつかる入隅(凹部)の気密シートも施工が難しい。角で気密シートを継ぐと隙間が生じやすいので、角に継ぎ目が行かないように気密シートを回し、下地材とボードで挟み込んで固定します。テープは時間が経つと剥がれてしまう可能性があるので、テープはあくまでも予備と考えています。

このように注意しながら施工を進めていますが、実際の現場では、工期や工費が設定されているなか全ての部位で100点満点を取るというわけにはいきません。リスクの少ない部分は60点以上を確保しつつ、ポイントとなる部分は100点や120点の施工で万全を期すというように適切な力の配分が重要になります。僕の担当した部分で空気が漏れるのは許せないので(笑)、日々工夫しながら作業しています」

熟練の職人さんの確かな技術が
快適空間づくりを支えます

専門会社の確かな技術が快適空間づくりを支えます

モデルハウスを見る