ページトップへ

狭小住宅・変形土地

メニュー

狭小住宅・変形土地

狭小住宅・変形土地

 

都市部で家を建てるということ


スペースラボが拠点を置いている大阪は、住宅が密集し、土地探しも容易ではありません。そんな中、やっと手に入った土地は、思っていたより狭かったり、間口が狭かったり、両隣と後ろの家が敷地ギリギリまで迫ってきていたり、変形土地だったりと、なかなか厳しい条件のものが多々あります。

そのような土地に、普通に家を建てていたのでは、小さな部屋がひしめきあい、1階にはほとんど太陽が射さないような家になってしまいます。現にスペースラボにお見えになる人達の中にも、「モデルハウスで見るような家は、私達の土地では夢のまた夢」と、しょんぼりして来られる方も多いのです。

 

都市部で家を建てるということ

 

「土地が狭い・変形している」は、
個性的な家をつくるチャンス


「土地が狭いから」「変形しているから」という理由で、我慢するしかないと諦めている人達。住まい手さんをそういう気持ちにさせるのは、建てる側の怠慢だと私達は考えます。むしろ、条件がきついからこそ、設計というものの存在意義があるのではないでしょうか。十分な広さがあり、周囲のどこからでも光や風が入るような土地ばかりであれば、必死になって建築を学ばなくても、経験豊かないい腕の大工さんが居れば、立派な家が建てられるはずです。

坪数自体が少なくても、広さを感じる家は建てられます。人間というのは単に面積だけではなく、感覚で広さを感じとるものだからです。空間のつながり具合、色、動線、眺望。様々なものによって「広さ」を生み出すことが可能です。そしてその作業こそが、「設計」と呼ばれるものです。条件がきつければきついほど、個性的な家が生まれる可能性が高まる―ぜひ、このことを覚えておいてください。

 

個性的な家をつくるチャンス個性的な家をつくるチャンス

 

 

吹き抜け・収納マジック


土地が狭いのに吹き抜けなんて贅沢すぎる、そんなスペースがあれば部屋にしなくちゃ。そんな風に考えていませんか?けれど、もう一度よく見てください。家の中でデッドスペースになっている部分というのは結構あるものです。畳1枚分の吹き抜けをつくるだけで、太陽の光を上から下まで取り込むことができるなら、その方が得、という判断だって十分ありえると思いませんか。

よく吹き抜けにすると寒いのでは?という方もおられますが、その心配はご無用です。 スペースラボの家は、高気密高断熱の施工をしていますので、魔法瓶の中のように家全体を一定の温度に保ち、温度差ができにくい仕様です。暖房は蓄熱暖房機を使い、夜の電力を有効活用します。「蓄熱暖房機1台で十分あたたかいのに驚き!エアコンなしで過ごせた」というお客様の声がたくさん寄せられています。

もう一つ、よく考えるべきなのが収納。部屋を大きく取ろうとするあまり、収納スペースを犠牲にすると、部屋の中に物が溢れて、結果的に狭くなってしまいます。収納スペースを工夫するのも設計の腕の見せどころ。しっかりと希望を伝えましょう。

狭い土地だからと言って、遠慮する必要は全くありません。できないことを土地のせいにする建築会社であれば、さっさと次の会社を探すくらいの気構えで臨んでください。

カーポート部分▲カーポート部分 耐力壁を利用した物入れ

 

吹き抜け・収納マジック▲吹抜けを通して、上に伸びる「高さ」が「広さ」を演出

 

 

家づくりとスペースラボのことが
よく分かる、資料の請求は
こちらからお気軽にどうぞ。

お客様のご要望に応じた資料を
お送りいたします。