ページトップへ

ゼロ・エネルギー・ハウス

スペースラボ
の家づくり

ゼロ・エネルギー・ハウス

ZEH事業計画(目標公表)

ゼロ・エネルギー・ハウスとは?

経済産業省が推進しているゼロ・エネルギー・ハウスは太陽光発電などで創出したエネルギーと、消費するエネルギーとを相殺させてプラスマイナスゼロを目指す、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」と呼ばれるもの、通称ZEHです。
これは、“住宅性能を向上することによる省エネ効果で、消費するエネルギー量を減らすこと”を期待するのではなく、“自家発電量を増やして設備の性能に頼る”ため、発電容量の大きい創エネ装置が必要となります。

 

◆ZEHの周知、普及に向けた具体策

ZEH仕様にする事で環境に配慮し、機械に頼らず省エネで快適な暮らしを提案していきます。
2020年までにZEH普及率を50%にすることを目標としております。

◆ZEHのコストダウン向けた具体策

 スペースラボでは、それぞれの土地の敷地や条件にあった形で、自然の光や風を効率よく取り込めるパッシブ設計を行っており、極力無駄な光熱費を抑える事のできる設計を心がけています。
サッシや断熱材等の使用建材の仕様と原価率の見直しを行い、コストダウンを計ります。また、太陽光パネルの発電効率の良い配置や設置工事を考慮した屋根の設計計画を行うことでコストの削減を目指します。

 

スペースラボの提案する高性能住宅

 

◆その他の取り組み

ZEH基準の高性能な家づくりに対し、夏冬も各室のエアコンに頼らず暮らせる全館空調(家中でエアコン1台)を導入し、太陽光による創エネも得ながら、省エネで快適な暮らしづくりに取り組んでいます。
光熱費シミュレーションを行い、一棟づつの光熱費と一次エネルギー消費量を計算しています。 

 「低燃費」の家を目指そう

 

 

目標・実績報告

2016年度の普及目標:10%  2016年度の実績報告:0%

  • 2017年度の普及目標:20%  2017年度の実績報告:25%
  • 2018年度の普及目標:50%
  • 2019年度の普及目標:70%
  • 2020年度の普及目標:80%

※弊社が受注する住宅のうちZEH(NearlyZEH含む)が占める割合を示したものです。

 

 

 

  SNSにて最新のイベント情報や、とっておきの写真など配信しています。
  内容は登録していただいた方のお楽しみ!是非フォローしてくださいね。

 Link Banner  Link Banner 

 

家づくりとスペースラボのことが
よく分かる、資料の請求は
こちらからお気軽にどうぞ。

お客様のご要望に応じた資料を
お送りいたします。