ブログ*ラボ通信*

台風19号により被害にあわれた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

地球温暖化で台風の勢力もますます強まると言われている中、明日は我が身、防災備蓄を見直してみました。

私の知人で防災セミナーの講師をしている金子康子さんから教わった事をお知らせします。

まだ準備されていない方は参考になさってください。

 

7日分(せめて3日分)準備するもの

  • 水(1人1日3リットル×人数分)
  • トイレ凝固材(1人1日8回×人数分)
  • 食料(レトルト食品、カップ麺、缶詰など)

 

備えておくもの

  • 懐中電灯と電池(100円ショップの物でも良いので、部屋の数だけあると安心)
  • ラジオと電池
  • モバイルバッテリーとケーブル(充電は満タンに)
  • カセットコンロとカセットガス(1人1日1本×人数分)

 

美味しい保存食

今回、多くの地域で停電が発生し、冷蔵庫に入っていた物は全て食べられなくなったと聞きます。

そんな時に役立つのが保存食です。

ネットで調べるとたくさんの長期保存食が出てきますが、いざ食する時に本当に美味しく食べられるのでしょうか。

 

先生が自信を持っておすすめすると言われている、美味しい保存食のサイトをご紹介します。

尾西食品

アルファー食品

ボローニャの缶パン

五年保存羊羹

パワーキャンディ

パンの缶詰や五目ごはんなど、私も防災セミナーに参加した際に色々と試食しましたが、本当に美味しいです。

災害で身も心も疲弊している時だからこそ、美味しいものを食べてホッとする時間が必要です。

 

※先生からの注意事項※

アルファ米を美味しく食べるポイントは、表示されているお湯の量より少しだけ多めに入れること。

また、もち米の入ったおこわは、冷めるとカチカチになるのでおすすめできないそうです。

 

 自然災害をくい止めることはできませんが、できるだけの備えをして身を守りましょう。

 

記事一覧

1ページ (全115ページ中)

ページトップへ