スペースラボ通信

基礎断熱のココが危ない!!

俊之 自己紹介へ

基礎断熱によるカビ・結露のリスク

床下の断熱の仕方には基礎断熱若しくは床下断熱と分かれます。
各々工務店さんによって違うのですが基礎断熱はしっかりと結露対策を考えた断熱の仕方を選びましょう。
まず事例として多いのが基礎野コンクリートに含まれる大量の水分が床下に放出されていることです。


この対策として床面にガラリを設けるなどして床下の湿気を抜くのが一般的ですが引渡1年目のコンクリートからの湿量はされだけでは処理できない程多い事があります。
しっかりとした換気をしないと目に見えない箇所でカビの発生リスクがあるといえます。

換気不良によるリスク

基礎の放湿が多い事から換気が不十分ではカビの発生のリスクがあります。
換気の多くは床面のガラリですが床下に24時間換気のファン若しくはエアコン等でしっかり換気すれば改善するでしょう。
しかししっかりしたもの取り入れないと逆効果だということも知っておいてください。

先程もあげたように換気は床面のガラリ。
万一何らかの原因でカビが発生してしまうと気付かないうちにその空気が家全体に充満しその空気を吸う事で体調が悪くなった事例もあります。
もちろんフィルター越で空気は配られるのですがメンテナンスを怠ると目詰まりすることも考えられます。
目詰まりすると空気の循環も悪くなるといえるので定期的なメンテナンスが必要と言えるでしょう。

床下断熱はいつも新鮮な空気が流れカラカラに

床下断熱は基礎単体となるので縁の下常に換気がされていて風通しがいいのでカビのリスク、その空気を吸ってしまうというリスクは無いです。
ただ冬の冷たい冷気を床下が通るのでしっかり断熱をしないと寒い家になりがちです。
弊社では後者の床下断熱の施工になりますので床下もしっかり断熱をして冷気を感じさせない程の工事をさせて頂いております。

上記図のように弊社では床上から断熱で囲み魔法瓶のような箱を造る事により暖気、冷気を外気より守っています。
詳細は弊社までお問合わせください。
体感ハウスもご用意してありますので実物大のモデルをご覧いただく事が出来ます。

 

  SNSにて最新のイベント情報や、とっておきの写真など配信しています。
  内容は登録していただいた方のお楽しみ!是非フォローしてくださいね。

 Link Banner  Link Banner 

 

家づくりとスペースラボのことが
よく分かる、資料の請求は
こちらからお気軽にどうぞ。

お客様のご要望に応じた資料を
お送りいたします。

 

記事一覧

1ページ (全113ページ中)

ページトップへ