スペースラボ通信

スペースラボがハウスオブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2017の授賞式に行って来ました

石澤 自己紹介へ

 スペースラボがハウスオブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2017の優秀賞に選ばれました。

表彰式が東京で開催されましたので、スタッフの皆と出席しました。

 

北は北海道から南は沖縄県の入賞された工務店の方々が出席されました。

評価採点の方法は
①断熱性と1次エネルギー消費量
②多様な省エネルギー手法の導入
③省エネルギー住宅の普及への取り組み
①60点 ②③40点 合計100点満点で計算されます。

日本列島を北~南まで8地域に区切り、その地域に合った手法で性能を高めた住宅を造ります。

特に外壁と窓を高断熱化する事で、外皮全体のUA値の低下、暖房エネルギーの低下、そして全体のエネルギー低下にもつながります。

どの工務店も高断熱・高気密 そして性能の良い樹脂サッシ(株式会社シャノン)を使用されていました。

当社もですが、大賞受賞者4社を含め、40%の工務店が株式会社シャノンの樹脂サッシを使用していました。

表彰式は霞が関ビルで開催され、その後 日比谷公園内にある『松本楼』で懇親会がありました。

色々な方々と交流し、たくさんのお話も聞かせていただきました。

北海道の室蘭市の方は屋根断熱の代わりに天井には500mmのグラスウールをのせると言われ、沖縄の方は基本的に壁の断熱は義務付けられていないので、むしろ断熱より遮熱にとても拘られていました。

改めて日本列島の長さを感じました。

 

 

 

 

 

~お知らせ~

★各SNSにて情報を発信中★是非フォローしてくださいね。

        

 

LINE公式アカウントができました。

友だち追加

 

チャットサービスはじまりました。
右下の『チャットで質問する』からお気軽にトークできます。
チャット機能について

カタログの請求はこちらからどうぞ

記事一覧

1ページ (全111ページ中)

ページトップへ