ブログ*ラボ通信*

プレカット工法

英志 自己紹介へ

現在の木造住宅建築の殆どがプレカット工法で行っています。

プレカットという言葉を聞かれたことがある方も多いかと思います。

しかし、プレカットがどんなものなのか詳しく知っている方も少ないのではないでしょうか。

プレカットという言葉は、pre (あらかじめ)とcut(切断する)で構成しています。

住宅の構造用木材を現場に持ち込む前に、あらかじめ工場で適切な形に切断・加工することをいいます。

従来、大工さんが手作業で行ってきた建材の加工をプレカット工場での加工に置き換えたのがプレカット工法です。

しかし 神社、仏閣等はやはり宮大工の技術で成り立っています。

 

プレカット工法では、コンピューターのCADで製図化しCAMで工作機械のプログラムを作成します。

CADで作成したデータをCAMに出力されて、木材を自動的に加工精度が高く加工します。

 

 

              

                      ≪株式会社奈良木建より≫

メリットとしては、これまで手作業で行ってきた作業を、事前に工場の機械で行う為、工期が短縮されるので人件費削減にもなりコストダウンなります。

また、コンピュータ制御の機械加工で品質がよく安定した品質の材料を生産できます。

ただ、やはり機械で出来る加工には限界があるため、技術の高い大工さんの熟練した手刻みの加工には追いつきません。

やはり、高度な人間のレベルには届かないということです。

 

SNSにて最新のイベント情報や写真を配信中。
内容は登録していただいた方のお楽しみ!!
是非フォローしてくださいね。

スペースラボ フェイスブック    

 

㈱スペースラボと家づくりのことがよく分かる
資料のご請求は 
こちらからお気軽にどうぞ。

 

 

記事一覧

1ページ (全115ページ中)

ページトップへ