スペースラボ通信

木材について~無垢材と集成材の違い~

英志 自己紹介へ

構造材、内装材、家具など 住宅には、ほとんど木材が使用されています。

木材には、無垢材と集成材に分かれます。各々の特徴をあげさせて頂きます。

  • 無垢材

天然の木で加工されたあとでも呼吸をしています。

湿度が高い時期は湿気を吸い、乾燥している時は湿気を吐き出します。

湿度を適度に保つためカビやダニなども発生しにくくなります。

また、加工に接着剤を使っていないので、アレルギーのリスクも少なく 体にも優しいです。

土台などには、シロアリや菌に強い特性からヒノキが使用されます。

柱にヒノキやスギ、梁には強いマツが多く使われます。

柱が集成材でも、土台だけはヒノキを使用するところも多いようです。

ただ、フローリングで使用する場合、水分を吸ったり吐いたりと、季節によってフローリングのすき間ができることもあります。

また、反りやねじれが起きやすい点があります。

 

  • 集成材

小さな木材を接着剤で貼り合わせたものです。

硬くて加工しやすく価格も無垢材よりは安く安定性はあります。

無垢材と比べると反りやねじれが起こりにくく,クレームも少なく 大量生産できる点からハウスメーカーや建売では使われているようです。

接着剤を使用しているため無垢材と比べると耐久性には劣る点があります。

集成材も以前はシックハウスの原因となる接着剤を使用していた時期もありましたが、現在は禁止され、身体に外のない接着剤で加工されるようになっています。

 

東京木材問屋より

 

SNSにて最新のイベント情報や とっておきの写真などを配信しています。
内容は登録していただいた方のお楽しみ!
是非フォローしてくださいね。

スペースラボ フェイスブック    ライン

 

㈱スペースラボと家づくりのことがよく分かる
資料のご請求は 
こちらからお気軽にどうぞ。

お客様のご要望に応じた資料をお送りいたします。

 

記事一覧

1ページ (全113ページ中)

ページトップへ