スペースラボ通信

ついに準防火地域で網なしガラスが販売開始

俊之 自己紹介へ

樹脂サッシとは

最近樹脂サッシと言う言葉を耳にする機会が増えてきましたね。

エクセルシャノンさんにお越しいただき新商品の説明と性能について勉強させて頂きました。

日本では北海道や寒冷地方の家でしかなじみがなかった樹脂サッシですが、最近では全国でもとりいれられつつあるみたいです。関西の方ではまだまだ少ないみたいですが。

世界で見てみると一目瞭然・・・

一般的なアルミと何が違うかというとやはり断熱・気密・遮音が優れています。

樹脂サッシは四方を溶着で接合している為フレーム自体に全く隙間を作らないので高気密となります。

また樹脂とアルミでは熱伝導率が違います。なんか難しそうですが身近にあるお鍋で考えてみてください。

ご納得いただけた事でしょう。これが火ではなく太陽の熱と思って頂ければ断然樹脂が良い事がいえますね。

準防火地域対応トリプルガラス

スペースラボでのサッシはエクセルシャノンさんのサッシを取り扱いさせて頂いております。

建設させて頂くエリアの多くは準防火地域が8割程ですので、今まではペアガラスまでの対応しかできませんでしたがついに販売開始しました。

これでオールトリプルを使用したさらに高断熱の家も実現が可能になります。

しかも網なしです。網がないので視界も良くとてもクリアです。

まとめ

関西エリアではまだまだ浸透していませんが暑さ、寒さの原因は窓にあります。

最近は大阪に限らず全国で異常気象ですよね。サッシは後から容易に交換できるものでもないので将来の事も十分に検討した家づくりが必要になります。

窓といってもなかなか体感して比較して頂くことが難しいですが興味をもって頂いた方は是非ご相談ください。

  



記事一覧

1ページ (全111ページ中)

ページトップへ