ブログ*ラボ通信*

“自分らしい”空間づくり♪

こんにちは♪ コーディネーターの丸山です。

 

9月に“平田タイル×モダンリビング”のトークイベントに参加させていただきました。

「壁と床の感度を上げる」というテーマのもと、主にお話ししてくださったのはモダンリビングの副編集長 高坂敦信さんでした。

 

お話の中でわたしがとても共感したのは、高坂さんが「いい家」だと思う考え方でした。

それは、

『住まい手の個性が反映されている家』

そこでは『自分らしいものに囲まれている心地よさを感じることができ、そこに招かれた人もまた心地よさを感じる』ということでした。

 

そこに住む人が好きなものや大切にしているもの、といったその人の個性を表現するもの。

それがより映える空間は、とても居心地がよく心穏やかになり、家族の笑顔につながるとわたしもすごく思います。

 

お家の中で広い面積を占める壁や床。

どうしても無難・ベーシックになりがちですが、そこに少しデザインをプラスするとグッと雰囲気が高まります。

写真は、先日竣工したお家です♪

壁や床の一部にタイルを使うことで、お施主さまの希望されていた「プロヴァンス」の雰囲気がグッと高まります。

すると、お気に入りの家具や小物がより素敵になじみ、自分らしいものに囲まれて、心地よく過ごすことができます。

 

広い面積を占める壁や床にこそ、デザインを取り入れるのはおすすめです!

 

ただデザインを重視した場合、使う素材などによりメンテナンスが気になることがありますよね。

デザインを重視するか? メンテナンスを重視するか?

機能性とデザイン性のバランスも考慮して、何が自分にとっていちばん心地よく、自分らしくいられるのかをしっかり検討してきたいですね!

 

 トークイベントに参加させていただいて、しあわせになれる空間づくりの楽しさ、面白さにいっそうワクワク感が増した丸山でしたー♪^^♪

 

 

SNSにて最新のイベント情報や写真を配信中。
内容は登録していただいた方のお楽しみ!!
是非フォローしてくださいね。

スペースラボ フェイスブック    

 

㈱スペースラボと家づくりのことがよく分かる
資料のご請求は 
こちらからお気軽にどうぞ。

 

 

記事一覧

1ページ (全115ページ中)

ページトップへ