スペースラボ通信

平成30年度のZEH補助金について

石澤 自己紹介へ

先日、ZEHの補助金の講習会に行ってきました。

今年は、環境省による事業と、経済産業省による事業とに分かれています。
主に、戸建住宅の補助事業は、環境省の「ZEH支援事業」になってきます。
これは、分譲住宅も含まれています。

今年は、一次公募として、22億円およそ3000件分の予算がついています。
1件あたり70万円だそうですが、今年からZEH+(ゼッチプラス)補助金115万円ができました。
ZEH仕様にHEMS,電気自動車を活用した充電設備、蓄電池などをプラスする事でZEHより45万円UPの補助金がもらえるそうです。
しかし、これらの設備を搭載するには、倍以上の経費がかかって来ます。

限られた化石燃料に頼らず、自然エネルギー上手く使った生活設計をする事で、地球環境も守れると言う国の政策ですが、国の補助金は、太陽光や高性能給湯器、高性能エアコン、蓄電池などメカに偏っています。
もう少し、パッシブ設計を取り入れた高性能住宅、例えば、Ua値0.5以下、C値0.5以下等の住宅に補助金を出していただきたいと思います。
高性能住宅は、断熱材や高性能サッシなど、性能を高めるために職人さんの手間も含め費用がかかります。

数値で証明された確実に性能の良い住宅は、大きな省エネを実現します。

スペースラボでは、1件で多く、パッシブ設計を取り入れ、エコであり、地球環境のためにも
省エネ住宅を造り続けたいと思っています。

 

 

 

記事一覧

1ページ (全111ページ中)

ページトップへ