ブログ*ラボ通信*

新幹線で見つけた『ふっ素のふふふ』

石澤 自己紹介へ
2019/09/05(木) 日々のこと

先日、東京出張で乗った新幹線の中で こんな広告を見ました。

ふっ素のふふふ

『ふっ素のふふふ』

ゴミにならないゴミ袋らしいです。
興味があったので、少し調べてみました。

 中興化成の開発したゴミ袋で「生分解性プラスチック」というもの。
プラスチックと同様に使え、使った後は微生物の働きで自然へと帰っていくらしいです。
なんと素晴らしい発明でしょう!!

実は30年も前から使われ、漁鋼や食器など数多くの製品に使用されているようです。
身近なものでは、エアバッグ、東京ドームの屋根など、よく知られているものにも たくさん使われています。

今、使い捨てプラスチックによる海洋汚染が問題になっています。
2050年には 海のプラスチック量が魚の数よりも多くなると言われていますが、この「生分解性プラスチック」の開発が進み、ペットボトルを始め、もっと多くの商品に使われることを願っています。

       ふっ素のふふふ             ふっ素のふふふ
 出典:中興化成

 ㈱スペースラボも環境問題の取り組みへ

㈱スペースラボでは 環境問題を考え、有害廃棄物になるビニールクロスから紙クロスへと移行しました。
また 高気密にするため、たくさんの気密シート、気密テープを使用しています。
いつの日か、このビニール系商品が「生分解性プラスチック」で出来れば、土にかえる家造りに少し近づけそうな気がします。

 

SNSにて最新のイベント情報や写真を配信中。
内容は登録していただいた方のお楽しみ!!
是非フォローしてくださいね。

スペースラボ フェイスブック    

 

㈱スペースラボと家づくりのことがよく分かる
資料のご請求は 
こちらからお気軽にどうぞ。

 

 

記事一覧

1ページ (全114ページ中)

ページトップへ