ブログ*ラボ通信*

日銀金融緩和政策と住宅ローン金利

英志 自己紹介へ
2012/02/20(月) お知らせ

日銀が先日、追加の金融緩和政策を発表しました。

10兆円の国債購入で市場にお金を増やしてデフレから脱却するため。

日銀が銀行から国債を買って、銀行にお金が増えたとしても銀行が市場に

お金をばらまかないと市場にはお金は出回らない。

ここをどうするかでしょう。借り手を増やすということ。

 

さて、住宅ローン金利に影響はでてくるの?

変動金利 政策金利は0金利政策を維持するので影響はないです。

長期固定金利は長期国債の利回り(長期金利)が目処になるため、

日本銀行が積極的に長期国債を買うと市場に安心感が広がり、長期国債

価格上昇(利回り低下)という効果がでます。

また、2011年度の成長率を下方修正しているので、現在は金利を引き

上げる環境にはありません。

2012年度の成長率もプラス2.2%と当初予定より下方修正されています。

記事一覧|2012年02月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ