建築事例集

カテゴリ別|注文住宅

「高槻 完全二世帯の家」

大阪府 高槻市 K様邸

物件データ

①家族構成ご夫婦+子供1人+ご両親
②床延面積164.26㎡(49.68坪)
③建築面積68.25㎡(20.64坪)
④敷地面積122.52㎡(37.06坪)
⑤構造在来木造軸組 3階建(耐震等級2取得)
⑥施工期間2010年8月~12月竣工
⑦保証制度ハウスプラス住まい保険(10年保証)
⑧性能表示・長期優良住宅長期優良住宅認定住宅(国からの補助金獲得)
⑨外壁施工完了報告書付(施工に対する10年保証付)
壁 一部珪藻土塗り壁
⑩仕様オール電化住宅、蓄熱暖房器2台設置
⑪自然素材床:無垢フローリング(クリ)
⑫換気システム24時間換気システム

建築中レポート

1.2010年08月20日
地盤改良工事-墨だし
地盤改良工事-墨だし

まず、敷地に杭の位置をマーキングします。

2.2010年08月20日
地盤改良工事-機材搬入
地盤改良工事-機材搬入
3.2010年08月20日
穿孔機械の先端部分
穿孔機械の先端部分

この部分で穴を掘りながら、セメントを注入し、撹拌します。

4.2010年08月20日
施工状況
施工状況

クレーンに吊られているのは、セメントの粉です。

5.2010年08月20日
施工状況2
施工状況2

穿孔(穴あけ)中。このあとセメントを送り込んで混ぜながら機械を抜き取ります。

6.2010年08月20日
施工後
施工後

施工後は土と混ざらないように養生し、硬化させます。今回は、2mの長さの杭を33本施工しました。

7.2010年08月31日
配筋検査(社内検査)
配筋検査(社内検査)

社内検査の後、ハウスプラス住宅保障(株)の検査、そして役所の検査となります。その後コンクリートを打設します。明日は、役所の検査です。

8.2010年09月02日
ベースコンクリート打設
ベースコンクリート打設

ポンプを使ってベースコンクリートを打設します。 
炎天下なので温度が上昇し、急激に硬化するのを防ぐため、午後から作業しています。必要に応じて、表面を覆って養生したりします。

9.2010年09月03日
立ち上がり型枠
立ち上がり型枠

ベースコンクリートが硬化したら、墨を出し、立ち上がりの型枠を組み立てていきます。

10.2010年09月05日
立ち上がりコンクリート
立ち上がりコンクリート

立ち上がりコンクリートの打設が終了し、コンクリートの硬化を待って、天端レベラーを施工します。

11.2010年09月10日
基礎工事終了
基礎工事終了

基礎工事が終了しました。次は、埋め戻して先行足場。

12.2010年09月10日
外部埋設配管
外部埋設配管

足場を組む前に、外部の配管を埋設しておきます。

13.2010年09月14日
先行足場
先行足場

建て方(棟上げ)に向けて、先行足場を組みます。

14.2010年09月16日
土台敷き
土台敷き

土台が組み上がりました

15.2010年09月16日
気密パッキン
気密パッキン

玄関や浴室等は気密を確保するために、基礎パッキンのかわりに気密パッキンを使います。

16.2010年09月16日
土台プレート
土台プレート

荷重が集中する通し柱には、土台にめり込まないように、土台プレートという分厚い鉄板の上に柱を立てます。

17.2010年09月17日
基礎パッキン
基礎パッキン

柱、大引き、継ぎ手(土台の接続部分)やアンカーボルトの下には、基礎パッキンを入れて、床下の通気を確保します。 土台の上には、厚さ24mmの合板を貼るので、アンカーボルトのナットには、スクリューワッシャーというものを使い、天端を平らにしておきます。

18.2010年09月17日
3階床梁
3階床梁

3階床梁の金物を取り付けているのは、棟梁の杉本君です。若いですが、いい大工さんです。

19.2010年09月17日
3階屋おこし
3階屋おこし

このように、防風さげ振りを使って各階ごとに建物の垂直を確認しながら、仮筋交いをくぎ打ちし、家を固めていきます。

20.2010年09月17日
3階の柱
3階の柱

お手製の道具を使って3階の柱を立てているところ。 右は棟梁のお父さんです。

21.2010年09月25日
構造金物取り付け
構造金物取り付け

3階建ては構造金物の取り付け箇所が非常に多く、荷重の種類や方向により、形状も様々なものを取り付けます。
写真の場所は、ダブル(2本)筋交いで、ホールダウン金物が付き、さらに柱のめり込み防止プレートが取り付けられます。
筋交いには、筋交いプレートが付きます。
このお宅の金物の取り付けには、2人で3日かかりました。

22.2010年09月26日
体力壁の裏側
体力壁の裏側

耐力壁の裏側です。耐力壁では、下地を止める釘や構造用合板を止める釘について、長さや太さピッチ(釘の間隔)等細かいルールがあります。

23.2010年09月28日
屋根工事終了
屋根工事終了

屋根工事(ガルバリウム鋼板葺き)が終了しました。

24.2010年10月06日
バルコニー防水下地
バルコニー防水下地

バルコニーは構造用合板の上にケイカル板12mmを貼り、その上にFRP防水をします。

25.2010年10月09日
吹き付け断熱工事2
吹き付け断熱工事2

壁の中に吹き付けているところ。 発泡させると、容積は100倍程度になります。

26.2010年10月09日
吹き付け断熱工事1
吹き付け断熱工事1

まず、窓の廻りや配管の廻りからウレタン断熱材を施工していきます。

27.2010年10月14日
トップライト
トップライト

トップライトが付く天井部分は写真のような形にして、取り入れた光を広げます。

28.2010年10月15日
遮音マット
遮音マット

2階リビングの床は、下に寝室があるので、遮音マット(9mm)を2枚貼りになっています。これで、かなり静かになるはずです。

29.2010年10月19日
防水紙
防水紙

外壁下の防水紙には、タイベックを使っています。コストは多少アップしますが耐久性が非常に高いものです。
また、水が浸入しやすい部分には、専用の部材(緑色の部分)と防水テープを使用し、構造体をしっかりと雨水から守ります。
スペース ラボの家の外壁には10年間の保障が付きます。

30.2010年10月22日
階段
階段

1階からの階段部分の裏側です。和室への3枚引き込み建具、押し入れへの建具等の取り合いが複雑な部分です。 階段部分も裏側からしっかりと補強しておきます。

31.2010年11月04日
1階から3階までの吹き抜け
1階から3階までの吹き抜け

1階から3階までの吹き抜けを上から見たところ。
3階からの光を1階玄関に落とすためのものです。

32.2010年11月05日
3階吹き抜けの窓から
3階吹き抜けの窓から

3階寝室の吹き抜け窓からキッチンをみたところ。

33.2010年11月05日
2階リビングの畳コーナー
2階リビングの畳コーナー

2階リビングの畳コーナーの下地です。空きスペースには、引き出し式の収納を設けます。

34.2010年11月05日
寝室の天井のレッドシダー
寝室の天井のレッドシダー

寝室の天井は、無垢のレッドシダーで仕上げます。

35.2010年11月05日
パソコンカウンター
パソコンカウンター

畳コーナーにあるパソコンコーナーを造る大工さん。

36.2010年11月08日
リビングの畳コ―ナーのパソコンカウンター
リビングの畳コ―ナーのパソコンカウンター

パソコンカウンター完成

37.2010年11月08日
キッチン下地
キッチン下地

キッチン下地完成。右側の飾棚の上に、アーチ状のたれ壁を作りました。

38.2010年11月12日

2階トイレのカウンタ―

39.2010年11月12日

畳コーナーの格子完成

40.2010年11月22日
ガラスブロック
ガラスブロック

吹き抜けの手すりにはめるガラスブロック

41.2010年11月22日
ステンドグラス
ステンドグラス

キッチンの壁にはステンドグラスがはまっています。

42.2010年11月22日
外壁の色決め
外壁の色決め

見本を実際の壁に合わせて、確認中。

43.2010年12月07日
44.2010年12月07日
45.2010年12月07日
46.2010年12月07日
47.2010年12月07日
48.2010年12月07日
49.2010年12月07日
50.2010年12月07日
51.2010年12月07日
52.2010年12月07日
53.2010年12月17日
足場解体
足場解体

足場が外れて、工事もあとわずかです。

スケジュール

長期優良住宅認定申請長期優良住宅の家を建てるにはまず各機関に長期優良住宅の認定申請が必要です。
工事着工長期優良住宅の認定が出たので工事着工です!!
地盤改良工事8月23日 地盤改良工事着工です。
配筋検査スペース ラボ・第三者機関(ハウスプラス住宅保証)による基礎配筋の検査をします。
コンクリート打設配筋検査に合格したら、基礎コンクリートの打設です。
基礎工事完了コンクリートを打設し、十分な養生期間をおき型枠を外したら、基礎工事完了です。
土台工事土台工事が始まります。土台~建方、棟上げまでどんどん工事が進んでいきます。
建方工事建方工事が始まります。棟上げまで晴れてくれるといいんですが・・・
サッシ工事アルミサッシを取り付けます。
防水工事外壁の下地に防水紙を貼っていきます。防水工事が終われば工事中の家の中にも雨が入らないようになります。
吹き付け断熱工事発泡ウレタンフォームの吹付け断熱材を吹き付けていきます。
この段階で構造見学会を行います。
構造見学会10月10日、11日の2日間構造見学会を行います。
詳しくはイベントページにて。
カテゴリ別 - 注文住宅 にある

その他の建築事例集

ページトップへ