建築事例集

タイプ別にみる|木造2階建

「インナーテラスが心地いい、グリーンゲイブルズの家」

京都府 I様邸

物件データ

①家族構成ご夫婦
②床延面積109.16㎡(33.02坪)
③建築面積60.31㎡(18.24坪)
④敷地面積101.71㎡(30.76坪)
⑤構造在来木造軸組工法、2階建
⑥施工期間2013年7月~10月
⑦住宅瑕疵保険ハウスジーメン瑕疵担保責任保険加入(瑕疵10年保証)
⑧性能表示・長期優良住宅設計性能表示、建設性能表示
⑨外壁サイディング
⑩仕様オール電化仕様
⑪自然素材壁:珪藻土 床:無垢フローリング
⑫換気システムガデリウス24時間(第3種)換気システム

建築中レポート

1.2013年07月10日
基礎着工
基礎着工

基礎が始まりました。掘削作業が終わり転圧(突き固めること)しています。

2.2013年07月11日
基礎 防湿シート
基礎 防湿シート
3.2013年07月11日
捨てコンクリート打ち
捨てコンクリート打ち
4.2013年07月12日
基礎配筋
基礎配筋

基礎の配筋です。
長期優良住宅と性能表示の検査も合格しました。
これからコンクリートベースを打ちます。

5.2013年07月12日
鎮め物納め
鎮め物納め
6.2013年07月21日
基礎工事
基礎工事

基礎立ち上がりのコンクリート打ちです。
後は養生期間を1週間ほどおいて型枠を外します。

7.2013年07月26日
土台敷き
土台敷き

基礎の上に土台を敷いていきます。土台はヒノキです。
この上に柱を立てて、梁をかけていきます。

8.2013年07月27日
土台敷き2
土台敷き2

土台と基礎の間にあるのが基礎パッキンです、通気タイプと気密タイプを適材適所に使い分けています。これは通気タイプで床下の通気が目的です。床下は風が流れ、いつも乾燥しているので白アリ対策ができも安心です。
玄関まわりは、外部冷気が入らない様に気密タイプを使います。そうすることで、土台から上が、高気密の構造となります。

9.2013年07月30日
上棟
上棟

本日上棟致しました。
建つとやはりすごく大きく感じます。
これから屋根工事と金物工事になります。
耐震等級3(最高)の建物なので金物の数も普通のお家にも比べて数がとても多いです。

10.2013年08月01日
外部仕舞
外部仕舞

棟上が終わり、外部構造用合板が張り終わりました。
なるべく雨に塗らしたく無い為、窓の開口はサッシが到着するまで、開けておりません。この後、サッシを取り付けて外壁の防水紙を張っていきます。

11.2013年08月03日
屋根下の遮熱板
屋根下の遮熱板

当社はすべての新築で屋根下に遮熱板をいれていきます。この遮熱板の下に吹き付け断熱材を吹きます。
そうすることで屋根直下面でも暑さが和らぎます。

12.2013年08月07日
屋根工事
屋根工事

屋根のアスファルトルーフィングです。このアスファルトルーフィングを雨水を全て防ぎます。重ねしろをしっかり重ね、注意深く作業します。

13.2013年08月08日
耐力壁工事
耐力壁工事

性能表示の耐震等級3をとる為に、当社では2階建てでも構造計算をして耐力壁をきめていきます。
この耐力壁が出来てきましたら、次は金物検査になります。

14.2013年08月10日
金物検査
金物検査

今日は金物検査の日です。
当社では、第三者機構の検査以外にも性能標示と長期優良住宅の検査も行っています。性能表示の検査員と一緒に、すべて1個ずつ金物をチェックしていきます。
性能表示耐震3(最高等級)をつけているため、普通の家より金物の数が大変多いです。

15.2013年08月16日
吹付け断熱材
吹付け断熱材

床面75mm外壁75mm屋根下100mm厚の吹きつけ屋根です。
長期優良住宅では通常80mmの厚みですが、当社では100mmで造っています。
そのため、通常の家に比べて夏は部屋の中は比較的ひんやりする効果があります。

16.2013年08月24日
ユニットバス施工
ユニットバス施工

ユニットバスの施工が終了しました。
バスタブの下にも吹付断熱をしています。

17.2013年08月24日
ユニットバス下基礎断熱
ユニットバス下基礎断熱
18.2013年09月01日
防水工事
防水工事

ベランダの防水です。下部に部屋がある場合は、鋼板で箱型をつくり防水しています。

19.2013年09月03日
外壁下地工事
外壁下地工事

外壁の防水紙です。当社の防水紙は数ある防水紙の中から一番防水性・耐久性の優れているデュポン社のタイベック防水を使っています。防水紙の上には胴縁で通気をとっています。重ねしろも施工マニュアルより、より多く重ねています。この上に外壁が来て通気口が完成します。

20.2013年09月06日
内部造作工事
内部造作工事

大工さんによる造作工事も天井下地と進んできました。

21.2013年09月08日
階段工事
階段工事

内部の階段がかかりました。下から3段までがひな壇になっています。無垢の階段を使用しています。

22.2013年09月14日
内部造作工事2
内部造作工事2

キッチン廻りの造作です。
角を丸くR型にするだけで雰囲気がやさしく変わります。

23.2013年09月21日
内部造作工事3
内部造作工事3

居室のプラスターボード貼りです。この上にクロス・珪藻土などでしあげていきます。

24.2013年10月01日
内部造作工事4
内部造作工事4

リビング廻りです。キッチンに入る入口のRの垂れ壁もきれいに出来ました。もうだいぶ終盤になりました。

25.2013年10月07日
キッチン床
キッチン床

キッチンの床下地です。これからタイルを貼っていきます。
当社の床は吹付け断熱材75mmのおかげで芯から冷えることがありません。

26.2013年10月10日
クロス工事1
クロス工事1

造作工事が終了しクロス工事になりました。
すべてのコーナー部分にはコーナー用テープを貼り角を補強し
パテで埋めていきます。

27.2013年10月17日
タイル工事1
タイル工事1

キッチン床部のタイル貼りです。
斜め貼りにする事で奥行きがでます。フローリングとのみきりや角にモザイクタイルを散らすとさらに可愛くなります。

28.2013年10月20日
珪藻土塗りの養生
珪藻土塗りの養生

珪藻土塗り壁部分の下地にアンダークロスを貼ります。割れ防止の効果もあります。この上に珪藻土を塗っていきます。塗るところすべてを養生をして他の仕上がり部分につかないようにします。

29.2013年10月21日
珪藻土塗り
珪藻土塗り

アンダークロスの上に珪藻土を塗っていくのですが、職人さんにコテで直に塗ってもらいます。この時にお施主様に立ち会って頂き塗り柄を見て頂いてから全体に塗っていきます。

30.2013年10月27日
造り付建具
造り付建具

お施主様と一緒に打合せして決めました造り付の建具を吊り込んでいきます。すごく良い色です。今回は建具の上部にステンドガラスを入れますので建具部分にはガラスを入れるのは無しにしました。

31.2013年10月30日
美装工事完了
美装工事完了

室内の工事も済み、美装工事が終了しました。
無垢の床材にはこの後ミツロウWAXを塗布していきます。塗っていくことで無垢床材の表面に保護層が出来ます、色も落ち着いた色になります。

タイプ別にみる - 木造2階建 にある

その他の建築事例集

ページトップへ