自分らしい家づくり

リノベーションを成功させるための3つのカギ

リノベーションを成功させるための3つのカギ

1/住む期間に応じた建物を選ぶ

中古のリノベーションは、まず古いマンションを買うところから始まります。その際、どのような建物を選べば良いのでしょうか。立地や間取りなど人によって希望は様々でしょうが、もう1つ考えたいのはその家に今後どれだけ住んでいくのかという時間の長さです。

現在子育て中で、これから30年、40年と住み続ける可能性があるのなら、建物の耐久性のチェックを忘れてはいけません。一般にマンションの寿命は60年程度と言われます。そのため築40年のように古いマンションを買うと、住んでいる間に建て替えや建物全体の大規模改修などが必要になる可能性が高くなります。高齢になってからこうした負担が発生するのは、できるだけ避けたいもの。そのためには、中古といっても比較的新しい物件を選ぶほうが安心です。

一方、50代から60代で中古マンションの購入とリノベーションを考える場合、建物の耐久性よりはむしろ立地の便利さを優先して選んだほうがよいでしょう。新しい住まいへの引っ越しは、後々の生活を豊かにするのが大きな目的です。駅などに出やすいなど、活き活きとした暮らしを後押ししてくれる立地のマンションを選びましょう。

 


 

2/狭い、暗いを一新する

リノベーションとは、住戸内の間仕切りも取り払ってゼロから間取りを考えていく改修のこと。そこが、内装仕上げや設備機器を新しくする工事が中心となるリフォームとの違いです。マンションでも戸建てのように家族の暮らしに合った家を考えていけるのが、リノベーションの最大の特長です。

改修に際しては、窓や玄関扉の位置を変えられない、水まわりは配管のそばに設ける必要があるといった一定の制約はあります。ポイントは、こうした条件を受け入れつつ、いかに戸建てのようなオーダーメイドの家をつくるか。まずは、既存のマンション住戸にありがちな不満を解消することから出発しましょう。

玄関が狭い。洗面・脱衣室や浴室が小さい。収納が少ない。結露する…。これらは、マンションの間取りに対してよく耳にする不満です。せっかくリノベーションするならこうした弱点を1つずつ克服するように間取りを考えてもらうことが大切です。

玄関の土間を広げ、大きなシュークローゼットを設ける。浴室には足をゆっくり伸ばせるバスタブを入れ、洗面室は忙しい朝子供たちが同時に使える広さを確保する。寝室にウォークインクロ−ゼットを備える…などの工夫を考えてみましょう。部屋数の確保を優先する一般のマンションでは、使いにくい小さな部屋がたくさんある間取りが珍しくありません。無駄な部屋を整理して必要な部屋だけをつくれば、こうした改修が可能になります。

 

土間を広くすることで玄関に光を。

  • 土間を広くすることで玄関に光を。

洗面台まわりをゆったりと。

  • 洗面台まわりをゆったりと。

収納もたっぷり確保。

  • 収納もたっぷり確保。

 


 

3/戸建てのようにこだわる

戸建てを望んでいる人は、内装仕上げにこだわりを持つ場合も多いのではないでしょうか。マンションはどこも似たようなインテリアですが、リノベーションなら内装を自由に計画できます。仕上げ材も、とことん好きなものにこだわって選びましょう。

リノベーションだからこそ選べるものの1つが自然素材です。白っぽいクロス貼りの壁と集合住宅仕様のフローリングというマンションの一般的な内装仕上げに対し、リノベーションならムク材の床や珪藻土の壁といった自然素材も選べます。内窓にステンドグラスをはめたり、オリジナル柄の鋳造アルミを組み入れたりすることも。ひと手間をかけた建具や什器を取り入れていくと、没個性的なマンションの四角い箱がまるで戸建てのように生まれ変わるのです。

リノベーションに「マンションは画一的」という思い込みは不要。思い存分、あなたらしい家を実現してください。

戸建てのようにこだわる   戸建てのようにこだわる   戸建てのようにこだわる

 

マンションリノベーション|戸建てがいいけれど

ページトップへ