ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー 2018

特別優秀賞・優秀賞 2年連続W受賞いたしました!

一般財団法人日本地域開発センターが主催する省エネルギー住宅のトップランナーを選定する表彰制度「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー 2018」において、特別優秀賞と優秀賞をダブル受賞いたしました。

「エアグレースⅠ」特別優秀賞

「エアグレースⅡ」優秀賞

昨年に続き2年連続での受賞となりました。

 

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」とは

建物躯体とエネルギー設備機器をセットとして捉え、トータルとしての省エネルギー性能の優れた住宅を表彰し、さらなる省エネルギーによる環境負荷削減の推進と快適な住まいの実現に貢献することを目指しております。

3つの評価の視点
  1. 外皮・設備の省エネルギー性能値
  2. 多様な省エネルギー手法の導入および健康、快適性 その他の取り組み
  3. 省エネルギー住宅の普及への取り組み

 

2017年 ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー 優秀賞

ページトップへ