高断熱は心地よい家づくりの出発点

屋根、外壁、窓、床下まわりの断熱性と気密性を確保することが、快適・健康な家を生み出す第一歩です。断熱材の種類や厚さ、断熱材を使用する場所、窓のガラスやサッシの種類などによって室内の暑さ寒さは大きく変わります。

まずは屋根、壁、床下まわりの断熱から

窓の性能も重要です

UA値って何でしょう

スペースラボは、W断熱と樹脂サッシで快適な室内を生み出します

 


 

屋根、外壁、床下まわりをしっかり断熱

体感温度は、まわりにある床・壁・天井の温度に大きく左右されます。例えば冬の日にエアコンを20℃で設定した場合、断熱性能が高い家なら壁の温度も19.5℃程度に保たれるため、体感温度もその程度になります。

一方、断熱性が低い家の壁際は10℃くらいに冷えています。すると、体感温度は15℃くらいに低下し、さらに冷たい気流(コールドドラフト)が窓沿いに発生するため不快感を覚えます。寒く感じないようにするにはエアコンを27℃くらいに上げる必要が生じますが、壁際が寒い状態は変わらないため、あまり快適にはなりません。しかも温度を急激に上げることで湿度が低くなり、過乾燥というオマケまで付いてきます。

例えば冬の日
断熱性能が高い家   断熱性能が低い家

こうした状態を防ぐには、建物全体を断熱材で隙間なく包み込むことが重要になります。断熱材はネオマフォームやグラスウールなどといった素材によって断熱性が異なり、同じ素材であれば厚さが大きいほど性能が高くなります。

外壁

木造住宅の外壁を断熱する方法は、大きく「充填断熱」と「外張り断熱」の2種類あります。充填断熱は柱と柱の間にグラスウールなどの断熱材を埋める方法で、外張り断熱は柱の外側からネオマフォームなどを張り付けます。充填断熱と外張り断熱を組み合わせ、さらに高い断熱性を確保する方法も可能です。

スペースラボは充填・外張りの「W(ダブル)断熱」

  外壁

屋根

屋根は、家のなかで最もたくさん太陽の日射を受ける部位です。そのため屋根の断熱材は外壁の4倍程度の厚さが必要になるなど、他の部位に比べて高い断熱性が求められます。屋根断熱を行うと小屋裏まで断熱された空間になるため、ロフトまで居心地よくなるのがメリットです。また屋根勾配をそのまま室内に見せるデザインも可能です。

スペースラボはネオマフォームとウレタン吹付の「W(ダブル)断熱」

  屋根

基礎・床下

基礎まわりは、基礎の外側を断熱材で覆う「基礎断熱」と、床下に断熱材を貼る「床下断熱」があります。寒冷地では、べた基礎全体の下に断熱材を施すこともあります。基礎断熱にすると床下空間も温熱的には室内と一体となるため、床下に空気を流して暖房することも可能です。床下断熱では室内と床下の縁を切ることになるので、暖房する範囲が少なくなって効率が高まるほか、床下の汚れた空気が室内に入る心配もありません。また床下断熱では床下と屋外がつながっているので基礎コンクリートが乾き切るまでの2、3年間も湿気を外に逃がし続け、床下の乾燥状態を保ちます。

スペースラボは床下断熱

  基礎・床下

 


 

窓の選び方も大きなカギに

新築の家の断熱性能は、以前に比べて大幅に向上してきました。そんな中、断熱性の弱点としてクローズアップされているのが窓サッシです。冬になると窓まわりに結露が発生したり、冷えた空気が窓沿いに降りてくるコールドドラフトが生じたりするのは、窓の断熱性能が低いためです。不快感をなくすには、性能の良いサッシを適切に選ぶ必要があります。

住宅では長い間「シングルガラスのアルミサッシ」が多く使われてきました。ところが1枚のガラスもアルミも熱を逃がしやすく、十分な断熱性能を望めません。そこで登場したのが、断熱性能の高いガラスとサッシ(枠)を組み合わせた窓です。ガラスでは空気層やアルゴンガスなどを間にはさんで2枚合わせにした複層ガラスや、さらに1枚重ねたトリプルガラス。サッシでは、アルミと断熱性の高い樹脂を組み合わせた「アルミ樹脂複合サッシ」や、さらに断熱性を高めた「樹脂サッシ」が使われるようになりました。高性能住宅では性能の良い「樹脂サッシ」が必須となります。

スペースラボはトリプル(複層)ガラスの樹脂サッシ

  窓の選び方も大きなカギに

スペースラボでは「新鮮な空気」を重視します

 


 

数値で分かる断熱性能

家の断熱性の良し悪しは国が定めた数値で見比べることができます。断熱材や窓などの仕様を決めれば、どの程度の断熱性を確保できるかを示すUA値(外皮平均熱貫流率)を計算できます。UA値は「ゆーえーち」と読み、数が大きいほど建物で出入りする熱量が大きく、つまり断熱性が低い。数が小さいほど断熱性能が高いことを意味しています。

国内各地は温度帯によって8つの地域(省エネルギー基準地域区分)に分けられ、地域ごとにUA値の基準が定められています。5地域や6地域に属する大阪府内の市では、UA値0.87W/㎡K以下とすることが定められています。

UA値  

UA値式

UA値は、数が小さいほど断熱性能が高い

大阪府内は
UA値0.87W/㎡K以下とすることが定められています

スペースラボはUA値0.5W/㎡K以下の家づくりをしています

スペースラボのモデルハウスは、UA値0.34W/㎡K

 


 

スペースラボでは
W断熱、樹脂サッシで高断熱性を実現

スペースラボでは、高いレベルで断熱性能を実現した家づくりを進めています。高性能住宅の標準仕様は次の通りです。なお、断熱材の種類や厚さが同じでも、施工の質によって完成した建物の断熱性には差が生まれます。適切な施工は、大工からはじまり屋根、外壁電気、設備の工事に至る職人の腕が支えています。

外壁・屋根

充填断熱と外張り断熱を組み合わせた「W断熱」の工法を採用しています。外壁の場合、内側には高性能グラスウールで充填。外側は、高い断熱性能を備えたネオマフォームで建物全体を包み込みます。

  外壁・屋根

床下断熱

ネオマフォームで「床下断熱」を実施しています。さらに熱橋(熱が逃げる部位)になる大引の下にもネオマフォームを張り、熱の出入りを完全に封じ込めているのが特徴です。床下断熱は室内と床下空間を分離しているため、床下のほこりなどが入り込む心配は不要です。また、べた基礎のコンクリートは、新築後3年程度は乾き切らない為、下手に基礎断熱で密封するとカビる恐れがあります。スペースラボでは床下断熱の為、基礎部分は外部とつながり自然乾燥していきます。

  床下断熱

高い断熱性能をもつエクセルシャノン社の樹脂サッシを採用しています。非防火地域では、すべて「トリプルガラスの樹脂サッシ」を採用。防火性能が求められる条件では、「トリプルガラスの樹脂サッシ+防火シャッター」を使います。

  窓   窓

UA値

スペースラボが活動するのは、主に省エネルギー基準地域区分の5地域と6地域です。0.87W/㎡Kという基準値を大幅に下回るUA値0.5W/㎡K以下を基本的に目指す家づくりを行っています。

  UA値0.5w/㎡k以下の家づくりをしています   UA値

スペースラボでは、高いレベルで断熱性能を実現します。

スペースラボでは、高いレベルで断熱性能を実現します。 スペースラボでは、高いレベルで断熱性能を実現します。

次は、気密で差がつく住み心地

ページトップへ