マンションリノベはコスパ重視の賢い選択

なぜリノベーションすると良いのでしょう?

なぜリノベーションすると良いのでしょう?

ただのリフォームとは違うからおススメ

家の購入を計画中、さてどんな選択肢があるでしょうか。分譲戸建て、あるいはマンション? 多くの人が新築を前提に検討しているかもしれませんが、もう1つ考えていただきたいのが「中古マンションのリノベーション」です。

最近よく耳にするリノベーションは、普通のリフォームと何が違うのでしょう。普通リフォームと言えば、内装のクロスや浴室、キッチンなどの設備機器を入れ替える改装を指します。見た目はきれいになりますが、間取りはほぼ以前のまま。和室を洋室にする程度の手直しをすることはありますが、水まわりの面積や収納などの少なさは変わりません。

これに対しリノベーションでは、間仕切り壁を取り払って間取りをゼロから考え直していきます。内装仕上げや設備機器が新しくなるのはもちろん、間仕切りを含めた改修によって暮らしを一新できるのが特徴です。

では、新築のマンションや戸建て住宅を買うのではなく、わざわざ中古マンションを買ってリノベーションしたほうが良い理由は何でしょうか?

Renovation 間取りをから再考!暮らしを一新!

 

Reform 間取りはそのまま。クロスや設備機器をきれいにする。

 


 

新築より安く「我が家」を持てる

最大のメリットは、コストパフォーマンスの良さにあります。

中古マンションの購入費と改修工事費を合わせても、新築マンションや新築戸建てよりお得です。例えば、3000万円の新築マンションを購入するケースと比較しましょう。中古マンションを1500万円程度で購入し、残りの1500万円分を改修費に充てれば、思い切ったリノベーションが可能です。しかも、立地が同じなら新築マンションを買うより広い面積の家を購入できます。

新築という言葉にこだわりさえしなければ、同じ予算でより実のある我が家を入手できる。こんな良い方法を見逃すことはありません。

コストは?

コストは?

 

同じ価格なら?

同じ価格なら?

 


 

暮らしに合った住まいにできる

注文住宅のように、家の内部を自由に計画できるのも魅力です。

新築のマンションや分譲住宅には最新設備が装備され、室内はシンプルなインテリアにまとめられています。でも、どの住戸も同じような間取り、似た内装になっていることは否めません。壁や天井の仕上げは白いクロスで統一され、床のフローリングも集合住宅用の汎用建材が使われます。そこには、こんな柄のクロスにしたいとか、自然素材を使いたいといった個人の希望が入り込む余地はありません。

また、最近の家族の在り方は多様化し、同じ家族でも時間と共に住む人数や生活スタイルは変化していきます。部屋数を確保することを重視してつくられてきた2LDKや3LDKという部屋構成は、住む人の生活に必ずしもマッチしていないのが実情です。

その点、購入した中古マンションをリノベーションすれば、内装仕上げはもちろん、間取りも自分たちの生活に合った形に仕立てられます。お仕着せではなく、自分たちのための、自分たちらしい住まい。オンリーワンの家を求めるのであれば、リノベーションは有効な選択肢となるのです。

 

自分や生活に合った間取りやインテリア

次は 居住期間を見据えた計画に→

マンションリノベーション|マンション派のあなたへ

ページトップへ