戸建てのノウハウをマンションに生かす

こだわり派のリノベーションをお手伝い

こだわり派のリノベーションをお手伝い

壁クロスや設備機器を新しくするだけのリフォームから、間取り全体を生まれ変わらせるリノベーションまで。一口にマンション改修と言っても、いろいろなタイプがあります。スペースラボは戸建てづくりの経験と知恵を生かし、こだわって暮らしたい人のための「マンションリノベーション」をお手伝いします。

提案力:暮らしに合わせた住まいづくりを

「どんな風に住みたいですか?」。マンションリノベーションの設計を進めるに当たり、スペースラボはまずお客様の生活についてお聞きします。子供が大きくなったら空間を分けて2つの部屋を取れるようにしたい、夫婦の寝室は別にしたいなど、ご家族によって生活のスタイルは様々なことが分かります。

ほとんどのマンションは似通った間取りで、「家に合わせて暮らしていく」のが普通です。改修を考える場合でも、多くのリフォーム会社は現状の住戸をそのまま生かすことを前提に提案してくるでしょう。玄関扉や窓サッシは以前のものをむき出しにしたまま、壁クロスの張り替えやキッチンや浴室といった水まわり機器を取り替える。間取りに手を加える場合も、南側にある和室を洋室にしてリビングと一体化させる程度です。

しかし、スペースラボの考え方は異なります。家族の生活に合わせて、家をつくる。以前の間取りの壁を取払い、ゼロから住まいを考える。せっかく時間とお金をかけるのですから、家族の夢をかなえるリノベーションを実現していただきたい…。注文住宅の経験が豊富なスペースラボにとっては、ごく自然な発想です。

マンションの改修には一定の制約が発生します。玄関扉や窓サッシには手を加えられませんし、天井面を通る大きな梁型は間取りを考える際のネックになります。でも、こうした制約をそのまま受け入れて「できません」というばかりでは、せっかく描いた夢を叶えることはできません。一見、邪魔なものを上手にカバーし、さらには空間のアクセントに仕立てていく工夫が、設計者にとっての腕の見せ所と言えるのです。デメリットもメリットに生かし、マンションと感じさせない多彩なインテリアを生み出す提案力こそ、スペースラボの強みです。

戸建ての発想で多彩な空間を実現

暮らしに合わせた住まいづくり   暮らしに合わせた住まいづくり
暮らしに合わせた住まいづくり   暮らしに合わせた住まいづくり

モデルハウスはこちら

 


 

自然素材:くつろぎの場とするために

家とは、家族がそれぞれ自分の居場所を持ち、心からくつろぐことのできる癒しの空間です。スペースラボは、マンションのリノベーションでもそんな住まいのご提供を目指しています。

こだわりの1つに、自然素材の活用があります。工業製品を組み合わせてつくる家が主流になっているなか、できるだけ自然素材を用いる家づくりを進めてきました。壁の珪藻土、床の無垢フローリングなど、自然素材の温かい肌合いは空間を柔らかく包んでくれます。また自然素材は調湿性にも飛んでいるので、室内の湿度を適切に保ち快適な空間をもたらします。

モデルハウスはこちら

  適度な湿度を保つ機能も

 


 

個性ある細部:ひと手間かけてオリジナルの空間に

まるで戸建てみたい…。スペースラボがリノベーションしたマンションをご覧になった方から、よくお聞きする言葉です。玄関の扉を開けた瞬間から南面するリビングに足を踏み入れるまで、マンションの面影を感じさせることのない、オリジナルの空間が広がっているからです。そこには、ちょっとした工夫の積み重ねがあります。

例えば、開口部。最近は断熱性を高めるために、アルミサッシの内側にもう1枚内窓を設置する改修が増えています。普通は樹脂製のサッシを使いますが、スペースラボでは意匠性を重視して木製サッシを用います。樹脂サッシほどの断熱性はありませんが、木が見える室内にはぐっと落ち着いた雰囲気が加わります。さらに、ガラス面をステンドグラスにしたり、ドアノブに輸入品を用いたりしながら、個性を紡ぎ出していきます。

間取りでも、細部への心配りは欠かせません。キッチンを少し奥まらせてリビング空間をゆったりさせる。寝室に、テレビも置けるようなニッチ空間を設ける。隙間を生かして収納を確保する。細かな配慮が心地良い住まいをもたらします。

ひと手間かけてオリジナルの空間に   ひと手間かけてオリジナルの空間に
ひと手間かけてオリジナルの空間に   ひと手間かけてオリジナルの空間に

モデルハウスはこちら

 


 

「快適」を支える技術:断熱や遮音にもしっかり配慮

暮らしよい住まいは、見た目だけで決まるわけではありません。完成すると隠れてしまう部分までいかにきちんと工事するかが、リノベーションを成功させる重要なカギ。スペースラボは、こうした見えない部分にもしっかり目を配り、総合的に快適な住まいをご提供します。

マンションの場合、特に気をつけなければならないのが断熱性と遮音性の確保です。断熱性を高めるためには、開口部に内窓を設けて二重窓にするほか、外に接した壁に断熱材を張る工事を行います。無垢のフローリングを用いて階下の住戸への音漏れを防ぐためには、下地材を二重張りするなどして十分な遮音性を確保します。

古いマンションではコンクリートスラブにクロス張りしただけの天井となっている場合が多く、新しく電気配線しようとすると天井面に露出してしまいます。スペースラボでは天井面に下地の木材を取り付けてコンクリートスラブとの間に隙間をつくり、自由に配線を通せるようにします。こうした工夫が、快適な生活を背後から支えているのです。

裏側がしっかりしているから、快適

断熱   遮音   配線

北側の壁も結露の心配なし

  • 北側の壁も結露の心配なし。
 

室内空間はすっきり

  • 室内空間はすっきり。

 


 

ワンストップサービス:査定や資金計画を踏まえてご提案

多くのマンションリノベーションでは、不動産の売買や資金計画など、住戸内の工事以外にも考えなければならないことがたくさんあります。円滑にリノベーションを進めていただくには、専門家としてこれら全体の工程をサポートしていく体制が重要になります。不動産部門を持つスペースラボは、住み替えのご提案から所有の家の査定と売却、新規購入の仲介、融資の紹介までワンストップでこれらのサービスをご提供しています。

住み替えが必要な場合には、売る家と買う家について手続きが必要です。スペースラボでは、現在住んでいる家、購入しようとする家をそれぞれ査定し、これを基に資金計画をご提案します。全体の予算が決まってからリノベーションの規模を設定するので、無理のない範囲で計画を進めていけます。

マンションのリノベーションでは、少しずつ小出しに投資していくのは非効率的です。どのようにお金を投じていけば、効果的なのか。スペースラボは、お金の計算も含めた説得力のあるご提案を心掛けています。

スペースラボ会社概要

ワンストップサービス

ページトップへ