全館空調で省エネ、快適な空間づくり

心地よい空気環境を整えるのが、冷暖房と換気の役割です。さまざまな方法があるなか、最近お客様の注目が高まっているのが全館空調です。高性能住宅が持つ断熱気密性能を生かし、より快適な住空間を実現するためには、優れた換気システムと冷暖房を組み合わせた全館空調が欠かせません。

全館空調って何?

熱交換換気でさらに省エネ

スペースラボはきれいな空気を重視します

 


 

家全体の空気環境を整えます

全館空調って気持ち良さそう。そんなお客様の声をよく聞くようになりました。ところで全館空調とはどのようなものでしょうか。

全館空調は、家全体の新鮮な空気と温度を一体的にコントロールする仕組みです。一般には、屋根裏や床下などにエアコンと換気設備を設置して、冷暖房したきれいな空気を各部屋へ吹き出します。換気設備には、室内の温度を維持したまま空気を入れ替える「熱交換式」もあります。

全館空調

一般的な全館空調の一例

全館空調は、高断熱・高気密化とセットにすることで快適な室内環境を生み出します

 

全館空調の最大のメリットは、家の中全体の空気環境を均質に整えられること。部屋ごとにエアコンを取り付けると部屋によって暑かったり寒かったりしますが、全館空調の家ではリビングや寝室・子供部屋だけでなく廊下やトイレまで快適な室温になります。冬のヒートショックを防げるほか、すみずみまで新鮮な空気が回るので、健康上も安心です。

ここで重要なのは、全館空調は家の高断熱・高気密化とセットになっている点です。断熱気密性能の低い家で全館空調しても、せっかく冷やした空気や暖めた空気はどんどん外へ逃げてしまい、ランニングコストが無駄に多くかかり、空気もうまく循環しません。逆に、高い断熱気密性を確保した家に適切な全館空調を取り入れると、消費エネルギーを抑え、安価な光熱費で快適に過ごせるのです。

最近では多様な全館空調が各社より発売され、エンドユーザーから違いが分かりにくいものも多くあります。どのタイプを選ぶかは慎重に選択する必要があります。

断熱についてもっと詳しく

気密についてもっと詳しく

家全体の空気環境を整えます

 


 

第1種換気はより確実に空気を整え、第3種換気はシンプルな良さ

現在の家には24時間換気が義務付けられていますが、換気設備にもいろいろな種類があります。従来の主流である第3種換気は、壁に取り付けた給気口から自然に空気を取り入れ、浴室やトイレなどの換気扇から機械で強制的に排気する方式です。一方、全館空調で一般的な第1種換気は、空気の取り入れも排出も機械で行う方式です。

第3種換気は、数個の換気扇を取り付けるだけの簡易な方法なので工事費も安く抑えられます。ただし家の中に空気が動きにくい場所が発生しやすく、第1種換気に比べると空気環境のコントロールが難しいという側面があります。

その点、第1種換気は空気の取り入れも排出も機械で行なうので、適切な計画と工事を行えば家全体の空気環境をムラなく整えられます。ただし室内に吹き出す空気はダクトを通って出てくるので、清浄な空気を確保するためには、換気設備まわりのフィルター交換など定期的なメンテナンスがより重要になります。

第1種換気

家全体の空気環境をムラなく整えられます

定期的なメンテナンスがより重要に

   

第3種換気

数個の換気扇の設置だけなので工事費も安い

家全体の空気環境のコントロールは難しい

 

熱交換換気でさらに省エネ

第1種換気には、熱交換型というタイプもあります。従来の換気設備は単純に室内外の空気を入れ替えていましたが、これだとせっかく冷暖房した室内の空気がそのまま排出されてしまいます。冬であれば暖かい室内の空気を捨て、外から冷たい空気を取り入れていたわけです。これに対し熱交換型は、取り入れる空気(給気)と排出する空気(排気)の熱をやり取りすることでエネルギーの無駄をなくします。熱交換換気システムには、給気と排気の温度を交換して、よりエネルギー効率を高めた全熱交換式もあります。

熱交換換気(冬)のイメージ

 

このように冷暖房や換気にはいろいろな方式があり、それぞれ一長一短を持っています。滞在時間の長さや住まい方によっても、それぞれのご家族にふさわしい方式は異なります。機器も少しずつ進化していくので、「この方式が絶対に良い」と言えるものではありません。メリットとデメリットを理解したうえで、工務店に相談しながら選んでいくことが大切でしょう。なお、どの方式でも共通するのは、建物本体の断熱気密性の確保が前提となっていること。エネルギー消費量と光熱費を抑えるには、建物の性能向上が何より重要で、建物の性能は必ず数値(UA値、C値)で確認することが大切です。

 


 

㈱スペースラボの全館空調では「新鮮な空気」を重視します

㈱スペースラボの高性能住宅は、全熱交換型の第1種換気システムを用いた全館空調を装備しています。他社の全館空調には、全館空調とは別に熱交換型の換気システムも必要になるタイプや、全館空調と熱交換型の換気システムが一体になったものを広めの空調室と十数個のファンで部屋に送るタイプなど様々な方式があります。㈱スペースラボの全館空調は、熱を逃さない優れた換気システムとエアコン(空調)を一体化した合理的でシンプルなシステムとしているのが特徴です。

換気設備と家中でたった一台のエアコンは小屋裏に設置、換気システムは収納の一部を確保するだけで、個別の機械室を設けるといった空間の無駄が発生しません。温度調整した新鮮空気は、効率的に循環するように配したダクトを通して各部屋へ送り込みます。家自体で高い断熱気密性を確保しているためエアコン1台で家全体を冷暖房でき、省エネの面でも高い効果を発揮します。室内の汚れた空気はダクトを通して回収し、温度と湿度を交換して排出します。熱交換換気と冷暖房を行う空気の流れを計画的に調整するため、効率よく空気が循環します。

㈱スペースラボではモデルハウスにて、換気システムとエアコンをご覧いただけます。

熱交換換気システムを使用した空気の流れ

熱交換換気とエアコンを合理的に組み合わせることが大切です

 

全空調で私たちが重視するのは、新鮮な空気をより確実に室内へ取り入れることです。

例えば最近基礎断熱をして、暖房用のエアコンを床下に設置して、床下を暖めながら暖かい空気を室内に送り込む方法を見かけます。冬でも1階の足元が暖かくなる点はメリットですが、夏は使用できません。床下にたまった埃も室内に取り入れる可能性があるので私たちは採用していません。

また㈱スペースラボが採用している全熱交換型の第1種換気設備は、熱交換する部材に金属を採用しています。いわゆるエアコンの素紙の部分です。他社の熱交換換気は紙を使用している場合が多く、湿気を吸い込むため、カビが発生しやすい弱点を持っています。その点、金属を用いた換気設備はカビが生じにくく、浴室からの排気経路にも接続できるため効率的です。

このほか、全館空調特有の作動音なども人によっては気になる要素ですが、㈱スペースラボではこうした点も1つひとつ検討し、心地よく暮らしていただけるシステムを採用しています。実際にモデルハウスで体感された方々からは『全く気にならないくらい静かです』『エアコン特有の風を感じない』というお声を頂いています。

 

全館空調のモデルハウスを見る 

スペースラボでは「新鮮な空気」を重視します

次は、断熱気密のカギを握る施工力

ページトップへ