快適な家で「暮らし」が変わる

快適・健康な高性能の家づくりが、これまで以上に重視されています。暑さや寒さの影響を受けにくい快適な室内環境が生まれると、冷暖房にかかる光熱費も大幅に減らせます。こうした家を実現するために何より欠かせないのは高い断熱性と気密性の確保。そして、それを可能にするのはしっかりしたノウハウに基づく精密な施工です。ここでは、快適で健康な暮らしを支える「目には見えない家づくりの秘訣」をお話ししましょう。

「低燃費」の家を目指そう

家のどこにいても快適な理由

ヒートショックを防ぐから安心

光熱費を先取りする発想

 


 

「低燃費」と「設備フル回転」のどちらがよい?

外気の暑さや寒さの影響を受けにくく、エネルギー消費の少ない家。そんな家づくりを、多くのお客様が求められるようになってきました。最近は、ZEH(ゼッチ)という言葉もよく目にします。ZEHはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスのことで、家(箱)の温熱性能を高めて省エネルギー化をはかり、さらに太陽光発電などによりエネルギーを生み出して年間の消費エネルギーを差し引きゼロにした住宅です。

ZEHをはじめとする省エネ住宅の考え方は、大きく2つに分かれます。1つめは、性能を高めた「低燃費=<パッシブハウス>」の建物をつくり、エアコンなどの設備の使用を最小限に抑えるタイプ。2つめは、建物の性能追求はそこそこに、太陽光発電など重装備の設備機器を入れて計算上のエネルギー収支を小さくしようとするタイプです。仮に計算上のエネルギー消費量が同じとしても、建物という箱自体の性能を高くする低燃費型<パッシブハウス>が合理的なことはお分かりでしょう。

  「低燃費」と「設備フル回転」のどちらがよい?

 


 

断熱気密性を高めると、家のどこにいても心地良く

低燃費の家づくりで重要になるのが、家の「高断熱高気密化」です。

家の外回りを断熱材で覆い、気密シートで隙間を埋めると、室内は外気の影響を受けにくくなり家のなかの温度差も小さくなります。冬は暖かく夏は涼しい室内空間が得られ、どこにいても心地良く過ごせるのです。

断熱気密性が低かった時代の家は、冷暖房の効率を考えると、リビングや寝室などを細かく仕切ったうえで個々に冷やしたり暖めたりする必要がありました。一方、高断熱高気密化によって家全体の温度差が小さくなると、家全体を効率的に空調すること(全館空調)が可能になり、部屋や廊下を細かく区切る必要もなくなります。快適性を保ったまま、吹き抜けを設けてリビングを中心に各部屋が緩やかにつながるようにした空間構成も可能です。間取りの可能性が広がり、個室にこもりがちになる生活から家族の交流が深まる生活へと暮らし方も変わっていきます。

そして、こうした家づくりには、しっかりした施工が不可欠なのは言うまでもありません。

 

断熱気密性を高めると、家のどこにいても心地良く

 

冬は暖かく夏は涼しい室内空間どこにいても心地良く過ごすことができます

冬は暖かく夏は涼しい室内空間
どこにいても心地良く過ごすことができます

洗面所も快適

 

吹き抜けや玄関も快適

 
断熱についてもっと詳しく気密についてもっと詳しく施工についてもっと詳しく

 


 

ヒートショック防止で健康な暮らし

断熱性の低い家では、冬、暖かい部屋から廊下や脱衣場に行くと室温が急に低くなります。急激な温度変化は血圧などの変調を引き起こし、体に大きな負担をかけます。家全体の断熱性を高めると部屋ごとの温度差がなくなるため、こうしたヒートショックの発生を防ぎます。

最近は、「断熱性が高い住宅は健康に良い」ということがデータでも示されるようになってきました。断熱性が低く室内の温度差が大きくなるほど血圧が上昇するという国交省のデータもあります。

 


 

工事費は高めでも長期的なコストは安い

とはいえ、「高断熱高気密の家は工事費が高い」とためらう方もいらっしゃるでしょう。
確かに、家の断熱気密化を図る際には一般的に総工費の15%程の費用がかかります。例えば2000万円の家の15%なら300万円程、さらにどこまでの性能を求めるかに応じて費用も変わります。㈱スペースラボでは、燃費ナビというソフトを用いて、使用する断熱材や窓の条件から光熱費のシュミレーションを行っています。

ただし長期的に見ると、「高断熱高気密の家」はけっして高い買い物ではありません。断熱気密性の低い家では高い光熱費がずっと続くのに対し、断熱気密性の高い家=<パッシブハウス>は燃費が良いので、冷暖房などの光熱費を大幅に低減できます。しかも、その効果は住み始めてから老後に至るまで長期間にわたります。工事費と光熱費の合計で考えると、出て行くお金に大きな違いはありません。さらにお金では買えない住む人の健康にも大きく影響します。

将来まで心地良く安心して過ごすためにも、「光熱費の分を先取りして外皮の断熱に使う」という発想の家づくりがおススメです。

工事費は高めでも長期的なコストは安い  

光熱費の分を先取りし、外皮の断熱に使います。

 

光熱費シミュレーション 

 

 

工事費は高めでも長期的なコストは安い

次は、高断熱は心地よい家づくりの出発点

ページトップへ